土壌硬度と作物成長との関係性(事例・資料・リンク)

岡本信一(取締役)・ブログ

『あなたも農業コンサルタントになれる』

<記事タイトル>

 

岡本信一(取締役)・連載

『岡本信一の科学する農業』

(月刊農業経営者、農業ビジネス 発売元:農業技術通信社

 注意:コンテンツを読むためには「農業経営者」(バックナンバー)を購入するか、「農業ビジネス」の会員になる必要があります。
  1. 農業は化学的に行われている!?(2011年12月号)
  2. 数字で知る自分の畑(2012年1月号)
  3. 品質の安定と「ばらつき」の関係(2012年2月号)
  4. 収量向上は必ずしも妥当な目標か(2012年3月号)  
  5. 「地力」は生産能力の科学的根拠にあらず(2012年4月号)
  6. 土壌硬度分布が収量に決定的な影響を与える(2012年5月号)
  7. 最大の問題点は基肥中心の施肥過剰(2012年6月号)
  8. 施肥窒素量を最適化すれば、天候の影響は軽減できる(2012年7月号)
  9. 適正な施肥の考え方と取り組み方法(2012年8月号)
  10. 栽培中に土壌の物理性は改善できる!?(2012年9月号)
  11. 夏場のホウレンソウで発芽を確保する方法(2012年10月号)
  12. 夏場のホウレンソウで生存率を上げる方法(2012年11月号)
  13. 作物体の硝酸態窒素を減らすために何が必要か(2012年12月号)
  14. 経営に合わせて栽培技術を選ぶ⑴(2013年1月号)
  15. 経営に合わせて栽培技術を選ぶ⑵(2013年2月号)
  16. 耕すことの功罪を考える(2013年3月号)
  17. 生産現場では研究は行うべきではない(2013年4月号)
  18. 数値管理の指標をつくる考え方⑴(2013年5月号)
  19. 数値管理の指標をつくる考え方⑵(2013年6月号)
  20. 数値管理の指標をつくる考え方⑶(2013年7月号)
  21. 土壌の数値管理の可能性(2013年8月号)
  22. 分かりやすさの落とし穴(2013年9月号)
  23. 農産物の安全と安心のはなし①(2013年10月号)
  24. 農産物の安全と安心のはなし②(2013年11月号)
  25. 農産物の「非科学的」な誤解を解く(2013年12月号)
  26. 雑穀類の収量・品質はもっと良くなるはずだ(2014年1月号)
  27. 失敗の原因を科学的に追及していますか?(2014年2月号)
  28. 大規模化はするべきですか?(2014年3月号)
  29. 丁寧な作業の積み重ね以外に、近道はない(2014年4月号)
  30. 各人が一つ一つの作業を丁寧にする理由を考える(2014年5月号)
  31. 儲かる農業のマニュアルとは?(2014年6月号)
  32. 失敗する前にやっておくべきこと(2014年7月号)
  33. 土壌を三次元にとらえ、時間軸も考えろ!!!(2014年8月号)
  34. 収益の上がる生産効率化とは(2014年9月号)
  35. 将来、生き残るための農業生産の原則とは(2014年10月号)
  36. 新しい技術を導入する前にやるべきこと(2014年11月号)
  37. 排水性改善:圃場に水たまりができるのは当たり前?(2014年12月号)
  38. 株が揃っていて見た目がきれいな圃場にする方法(2015年1月号)
  39. 農場に無駄な肥料を撒いていないか(2015年2月号)
  40. 土壌の物理性・生物性の数値化も可能になる!(2015年3月号)
  41. 土壌の物理性から考えた「良い土壌」(2015年4月号)
  42. 「農業を科学する研究会」が発足した理由(2015年5月号)
  43. 土壌改良のいろいろな手段とその特徴(2015年6月号)
  44. 土壌改良は費用対効果で考えよう(2015年7月号)
  45. 土壌硬度分布を知り圃場の状態を把握する(2015年8月号)
  46. 現状と目標は数値でつかめ(2015年9月号)

岡本信一(取締役)・共著

シリーズ・いまの日本の「農」を問う1

『農業問題の基層とは何か』(ミネルヴァ書房)

  • 第三章 日本農業の地平線はどこへ

 

岡田誠二(取締役)・連載

『ポテカル座談会』

『特集・収量への科学的アプローチ』

『統計学からジャガイモを斬る(全12回シリーズ)』

ジャガイモ専門誌ポテカル 発売元:農業技術通信社

注意:コンテンツを読むためには「ポテカル」(バックナンバー)を購入する必要があります。
  1. ポテカル座談会「ジャガイモの生産工程を科学する」(2004年11月号)
  2. 特集・収量への科学的アプローチ「粒系分布~イモの粒ぞろい~から分析」(2005年9月号)
  3. 第一回・統計学からジャガイモを斬る「イモの大きさの広がりを見る」(2005年10月号)
  4. 第二回・統計学からジャガイモを斬る「スノーデンとトヨシロはハイリスク・ハイリターン!?」(2005年11月号)
  5. 第三回・統計学からジャガイモを斬る「株間が粒径分布に与える影響」(2005年12月号)
  6. 第四回・統計学からジャガイモを斬る「土の硬さが収量に与える影響」(2006年1月号)
  7. 第五回・統計学からジャガイモを斬る「収量を推定する①」(2006年2月号)
  8. 第六回・統計学からジャガイモを斬る「収量を推定する②」(2006年3月号)
  9. 第七回・統計学からジャガイモを斬る「収量を推定する③」(2006年4月号)
  10. 第八回・統計学からジャガイモを斬る「収量を推定する④」(2006年5月号)
  11. 第九回・統計学からジャガイモを斬る「”340g”を基準に株間のバラツキを考える」(2006年6月号)
  12. 第十回・統計学からジャガイモを斬る「株間に見るジャガイモ粒子の大きさ」(2006年7月号)
  13. 第十一回・統計学からジャガイモを斬る「土壌の硬さから株間を決める」(2006年8月号)
  14. 最終回・統計学からジャガイモを斬る「土壌の硬さから株間を決める」(2006年9月号)